スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A列車で行こう7 伊農鉄道第31話

今回はダイヤ改正後しばらく発展を見守りながらテコ入れを行いました。
ゲーム内時間1年半で街の様子は大きく変貌しています。

2013y01m06d_090002563.jpg
改正より3ヶ月後、黒和津環状線沿線の資材需要が想定より高まったため、貨物列車の増発を行いました。

2013y01m06d_103008622.jpg
貨物列車の増発と同じ頃、伊鉄百貨店が里日駅前に出店しました。
また、これを皮切りに伊鉄マーケットとitetu・shopが黒和津環状線沿線に大規模展開を開始しました。




それでは、発展が一段落した黒和津環状線沿線の様子をご覧ください。

2013y01m07d_134532467.jpg

2013y01m07d_134522185.jpg

2013y01m07d_134516913.jpg

2013y01m07d_155928434_20130108121614.jpg

2013y01m07d_134548000.jpg

宅地化する駅とオフィス街が伸びる駅に分かれているようです。
特に菊池駅と成江駅付近は高層ビルの建設工事が見受けられます。
当社の見通しより速く発展しているため、資金の確保が間に合わず、
伊農不動産が展開する余地がありませんでした。

2013y01m07d_165105101.jpg
これまで工業があまり伸びていなかったことを踏まえ、
開発がまだ開始されていなかった成江駅の東側に巨大コンビナート群を建設する運びになりました。
しかしコンビナートは大量に資材を必要とするため、資材の調達を現在行なっています。


乗客増加に伴い、順次黒和津環状線の旅客列車の増発を行なっています。
増発した列車は建川方面へ直通せず、環状線内をひたすらまわっています。
最終的に一日の本数が、片道で旅客2本+貨物1本となりました。

2013y01m07d_135143544.jpg
同じ頃の西丈内駅付近です。侭茶利駅付近発の高層ビル群化の波が押し寄せているようです。

2013y01m07d_160112007.jpg

2013y01m07d_160147328.jpg
こちらは担気駅付近の様子です。
伊鉄百貨店の担気駅前店を建て替え、従来より床面積が大幅に増えました。
担気駅前を黒和津市北西部の中心地にするため、周辺の開発を進める計画が、
自治体と民間企業の間で進められています。この改装はその前哨戦と位置づけられています。
当社は黒和津環状線沿線と担気駅周辺の両方に全力を注いでいきます。



サテライト、決算、街情報です。
伊鉄広域サテライト7
黒和津西31
黒和津西32
黒和津西街32

鉄道収入も伸びていますが、小売系子会社の売上が大きく伸びました。
この地域の人口も間もなく10万を超えそうです。
それでは、また次回
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamikamis.k

Author:kamikamis.k
伊農鉄道の目次
シド・マイヤーレイルロード!の目次

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。